2013年06月12日

2013/06/29-30 新緑の蔵王・旧白洲山荘を訪ねる(みちくさんぽ東北シリーズ)のご案内

20130629-30chirasi.jpg

白洲次郎が蔵王を「東洋のサンモリッツにしよう」と提案して、蔵王スキー場の一角に自ら山荘(ヒュッテ・ヤレン)を建てスキーを楽しんだのは、昭和33~34年(1958~59年)頃でした。山荘は半世紀が過ぎた現在でも蔵王山麓の森にひっそりとその瀟洒な佇まいをみせています。

旧白洲次郎山荘保存・活用の会(事務局:NPO法人元気まちネット/東京 代表 矢口正武)は、現オーナーの承諾を得、2011 年秋より山荘の保存・活用に取り組み、建物の詳細な調査を行ない、白洲次郎のシンポジウムやトークイベントを開催、並行して山荘の修復・保全に必要な資金の募金活動を行なってまいりました。 
20130604-06.jpg

このたび、皆さまからお寄せいただいたご寄付により、山荘1階を白洲氏が使用していた当時の状態に近づける復元工事を行うことができました。

6月29日(土)、30日(日)新緑の蔵王を散策しながら旧白洲山荘をご覧いただく内覧会を開催いたします。白洲次郎がソファで寛ぐ姿など、ヒュッテ・ヤレンで過ごした当時の写真数点も展示いたします。白洲次郎が愛した蔵王の自然と旧白洲山荘(ヒュッテ・ヤレン)を、ゆっくりとご堪能ください。
  • 開催日  2013年6月29日(土)、30日(日)
  • 場   所  山形蔵王温泉スキー場
  • 参加費  募金者:無料、一般参加者:¥2,000/人
                   (ガイド料&山荘見学料として) 
    ※保険は各自自己解決でお願いします。 
    ※ケーブル利用、飲食、温泉利用料などは自己負担です。参加費には含まれません。
 

スケジュール
<6月29日()>のんびりトレッキング(希望者のみ)

  • 希望者はお昼頃集合して蔵王山頂から下りながらのんびりトレッキング。
  • ケーブル利用、飲食などについては自己負担です。保険は各自自己解決でお願いします。
  • 雨具、歩きやすいシューズ、飲食は必須。
  • 宿泊  ¥5,000程度(一泊二食付き)
  • 宿は定員がありますので、宿泊ご希望の方は早めにお申し込み下さい。
    担当:矢口(090-5494-8699)
  • 懇親会  夜は「白洲次郎くつろぎトーク」ほか話題は「何でもトーク」で盛り上がる。翌日のことがあるので23:00までには終了すること。
<6月30日()>蔵王散策&旧白洲山荘見学
  • 9:00 「蔵王スカイケーブル乗り場」前集合(蔵王上の台ゲレンデ)
  • 山岳インストラクター林さんに案内して貰いますから安心して下さい。
  • ケーブル利用、飲食などについては自己負担です。保険は各自自己解決でお願いします。
  • 雨具、歩きやすいシューズ、飲食は必須。
  • 9:30~12:30ぐらいまで、ゆっくりのんびりトレッキングを楽しみます。
  • トレッキング終了後「ヒュッテ・ヤレン/三宅山荘」を見学、その後ゆっくり温泉に入り、生ビール(ウーロン茶)・食事しながら歓談します。
  • 解散は15:00頃を予定しています。



申し込み  住所、氏名、年齢、連絡先等をお書きの上、メールかFaxでお申し込み下さい。
             Mail: genki-kuma@mc.point.ne.jp 
             Fax:03-3711-1403 担当:矢口正武
締め切り  6月22日(土) 但し、定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
定   員  20名

  • 主   催  NPO法人元気・まちネット、蔵王プロジェクトMJ
  • 協   力  アシックス販売株式会社東北支社、武田レッグウェアー株式会社
  •  

    2013年01月15日

    「樹氷見学と白洲次郎トークイベント in 蔵王 2013」開催のお知らせ

    今年最初のイベントを、2月22日(金)〜24日(日)に実施します。
    白洲次郎が愛した蔵王に出かけて樹氷と温泉を満喫してみませんか?
    スキーをしない人も楽しめるお店も見つけてあります。
    1泊2日でも可能です。是非ご検討してみて下さい。
    20130222-24chirasi.jpg
    • 期   日 :2013年2月22日(金)〜24日() (1泊2日も可)             
    • 場   所 :山形蔵王温泉スキー場
    • 宿 泊 先  :「蔵王上ノ台ロッジ」 (電話:023-694-9158)
    • 募   集 :6名〜20名(現地集合/現地解散。宿のみ手配します)
    • 参 加 費  :各自自己精算(交通費、宿泊代、リフト代、保険など)
    • 申 込 先  :矢口正武(自宅) gennki-kuma@mcpoint.net.jp
    • 締   切  :2013年2月15(金)
    • 山荘見学 :2月24日()13:00〜14:30

          ※山荘のみ見学者は¥500-、上ノ台ロッジ宿泊者は無料
     
    <行事予定>
    ・2/22(金):午前中「蔵王上ノ台ロッジ」入り
             午後スキーを楽しむ(希望者にはコーチ可能)
    ・2/23():終日蔵王でスキーを楽しむ、
             天気が良ければロープウェイで蔵王山頂へ
             山頂に上がりビールで乾杯!!(昨年は吹雪で大変でした。笑)
             夜は上ノ台ロッジにて白洲次郎/ヒュッテ・ヤレンのトークイベント
    ・2/24():午前中天気が良ければスキーを楽しむ。
             13:00〜14:30ヒュッテ・ヤレンご案内。


    2012年11月05日

    11/24(土)「“白洲次郎が愛した蔵王“シンポジウム in 東京」開催のお知らせ

    白洲次郎が東北電力初代会長時代に蔵王を気に入り、ヨーロッパの山荘を模したヒュッテ・ヤレン(現三宅山荘)を建て、蔵王を「東洋のサンモリッツ」にしようと提案しました。ヒュッテ・ヤレンで珈琲を淹れたり、仲間と将棋を指したり、ソファーで寛ぐ白洲次郎のお宝写真を50枚も入手することが出来ました。
    今回のシンポジウムでは、これらの写真をご紹介しながら、建物の現地調査の結果から当時のヒュッテヤレンを建築学的に紐解くとともに、白洲次郎がなぜ蔵王を「東洋のサンモリッツ」にしようと思い立ったのか、日本のスキー場が衰退した原因は何か、スキー場を抱えるまちがどうしたら昔の賑わいを取り戻すことが出来るのか、皆さんで自由に楽しく考えてみたいと思います。

    20121124chirasi.jpg
     
    “白洲次郎が愛した蔵王“シンポジウム in 東京
    ―白洲次郎生誕110周年記念シンポジウム―

     期日:2012年11月24日(土)
     時間:13:30〜17:00 (受付:13:00〜13:25)
     場所:専修大学大学院 神田校舎 7号館771教室
     費用:一般 ¥1,000-(資料代)・ 学生 無料
         ★懇親会有り(事前申込み制/会費:¥3,000-)
     募集:30名
     締切:11月20日(火)(但し定員になり次第締切)
     主催:NPO法人元気・まちネット、蔵王プロジェクトM・J
     共催:建築ジャーナル、ブルーガイドスキー/実業之日本社
     後援:山形新聞・山形放送、専修大学

    ≪申込み方法≫
    以下の項目を添えて、メールまたはFAXにて元気・まちネットまでお申し込みください。
    @氏名、A年齢、B性別、C職業、D電話番号、Eメールアドレス、F住所、G一般・学生の別、H懇親会:参加・不参加
    【NPO法人 元気・まちネット】(担当:矢口)
        Mail:office@genki-machinet.com
        Fax:03-3711-1403(電話切替)
    ※お問い合わせは、メールもしくはFAXでお願いいたします。

    詳細はチラシをご覧ください。

     

    2012年10月05日

    10/20(土)、21(日)“白洲次郎が愛した蔵王“シンポジウム in 山形 ―白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策― 申込み受付中

    既にお知らせしておりますとおり、10/20(土)“白洲次郎が愛した蔵王“シンポジウム in 山形 、翌21(日)は、「白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策」を実施いたします。二日間のプログラムの詳細が決まり、チラシができました。
    20121020-21chirasi.jpg

    今回のシンポジウムでは、ヒュッテ・ヤレンで寛ぐ白洲次郎の写真をご紹介しながら、なぜ蔵王を「東洋のサンモリッツ」にしようと思い立ったのか、日本のスキー場が衰退した原因は何か、スキー場を抱えるまちがどうしたら昔の賑わいを取り戻すことが出来るのか、皆さんで自由に楽しく考えてみたいと思います。
    先月28日、「白洲山荘保存・活用の会」の趣旨説明のため吉村美栄子山形県知事を表敬訪問したところ、知事は白洲次郎のファンだったことが判明、「山荘の活用が必要」との話もいただきました。


    10/4には、山形新聞にも掲載され、事務局にはお問い合わせも頂いております。
    現在、申込み受付中です。皆様のご参加をお待ちしております。

    pdficon_large.gif チラシの裏面に申込みフォームがあります。
     メールもしくはFAXにて「元気・まちネット」までお申込みください。
              mail : yaguchi.m@so-kk.jp
              fax : 03−3829−4692

    2012年09月19日

    “白洲次郎が愛した蔵王“シンポジウムin山形 ―白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策―

    10月20日()21日()に開催いたします
     “白洲次郎が愛した蔵王“シンポジウムin山形 ―白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策―
    の概略をお知らせいたします。

    20121020-21zao.jpg

    白洲次郎が東北電力初代会長時代(昭和26年〜昭和34年)蔵王を気に入り、ヨーロッパの山荘を模したヒュッテ・ヤレン(現三宅山荘)を建てスキーを楽しんだのが、昭和32年〜昭和34年でした。
    山交ケーブル(現蔵王スカイケーブル)に乗り、ドッコ沼から歩いて蔵王山頂を目指しました。
    リュックサックに詰めたビールやチーズを山頂付近の雪原で冷やし、仲間と楽しく飲んだことが「次郎と正子」に描かれています。

    ヒュッテ・ヤレンで珈琲を淹れたり、仲間と将棋を指したりしながら、ソファーで寛いでいるお宝写真が数十枚手に入れることが出来ました。
    これらの写真をご紹介しながら、何故日本のスキー場が衰退してきたのか、スキー場を抱えるまちをどうしたら昔の賑わいを取り戻すことが出来るのか、皆さんで考えてみたいと思います。


    <山形シンポジウム>

                〒990-0832  山形市城西町2丁目2-22 山形駅から約1Km. 
    • 費 用 : ¥1,000-(資料代)
    • 募 集 : 100名
    • 締 切 : 2012年10月15日(月)

      シンポジウム・プログラム概要
        14:00〜14:10 挨 拶
        14:10〜14:30 日本のスキーの現状について / 
        14:30〜15:15 白洲次郎が愛した蔵王 / 元気・まちネット 代表:矢口正武
        15:30〜17:00 パネルディスカッション:スキー場の課題と再生について / 
                    司会:矢口正武

    <白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策>

    • 期 日 : 2012年10月21日(
    • 時 間 : 9:30〜15:00 (受付:9:00〜) 
    • 集合場所 : 蔵王スカイケーブル駐車場
    • 費 用 : ¥1,000-(ガイド料)
    • 募 集 : 30名
    • 締 切 : 2012年10月15日(月)

    お申込みは・・・
    下記を添えて、メールもしくはFAXにて「元気・まちネット」までお申込みください。
      1.参加日
          @10/20(土)シンポジウムのみ参加
          A10/21(日)白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策のみ参加
          B両日とも参加
      2.住所
      3.氏名
      4.年齢、性別

    申込み先 : NPO法人元気・まちネット/東京 (担当:矢口) 
               Mail : yaguchi.m@so-kk.jp
               FAX : 03-3829-4692 
       
    申込締切 : 2012年10月15日(月)

    2012年05月17日

    6/9(土)-10(日)新緑の蔵王トレッキングと旧白洲山荘を見学

    jaren01.png瑞々しい新緑に包まれた蔵王をトレッキングして、白洲次郎の愛した自然を味わってみませんか?
    概要が決まりましたので、ご案内いたします。

    <6月9日(土)>
    ・ 希望者はお昼頃集合して蔵王山頂から下りながらのんびりトレッキング。ケーブル利用、飲食については自己解決です。雨具、歩きやすいシューズ、飲食は必須。
    ・ 宿泊:湯の宿・伊藤屋 電話:023-694-9027  ¥8,000-(一泊二食付き)
    ・ 宿は定員がありますので宿泊ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。担当:矢口(090-5494-8699)
    ・ 夜は白洲次郎くつろぎトーク、ほか話題は「何でもトーク」で盛り上がる。翌日のことがあるので23:00までには終了すること。

    <6月10日(日)>
    ・ 朝食後、9:30「蔵王スカイケーブル乗り場」前集合 (蔵王上の台ゲレンデ)
    ・ 山岳インストラクター第一号の「湯の宿・伊藤屋」さんのご主人に案内して貰いますから安心して下さい。9:30〜12:00ぐらいまでゆっくりのんびりトレッキングを楽しみます。
    ・ 参加費¥1,000-(ガイド料のみ、保険は各自自己解決です)
    ・ 終わったら「ヒュッテ・ヤレン/三宅山荘」を見学、その後ゆっくり温泉に入り、生ビール(ウーロン茶)・食事しながら歓談します。解散は15:00頃を予定しています。

    10日(日)のみの参加も可能です。
    お申込み先:矢口(090-5494-8699)
     

    2012年04月17日

    5/5(土/祝)「旧白洲次郎山荘と蔵王を語る」ミニフォーラム in 仙台を開催いたします。

    1951年(昭和26年)に東北電力会長に就任した白洲次郎は、当時の山形県知事、山形市長に蔵王を「東洋のサンモリッツにしよう」と提案、白洲の助言を受け蔵王ロープウェイが建設されました。
    自らも蔵王に山荘「ヒュッテ・ヤレン(現三宅山荘)」を建てスキーを楽しみましたが木造二階建て約70uの山荘は築55年が過ぎ、老朽化が目立つようになりました。


    蔵王・山形県のみならず、東北の歴史・文化的財産として「ヒュッテ・ヤレン(現三宅山荘)」を保存・活用して白洲次郎が残した“プリンシブル”という精神性を後世に語り伝えようと、生誕110年を迎えるあたり、昨年12月には蔵王で「旧白洲次郎山荘と蔵王を語る」ミニフォーラムを、今年2月には同じく蔵王でトークイベント「樹氷・温泉・白洲次郎を熱く語る」を開催してまいりました。
    今回は杜の都仙台にて、これまでの経緯と現状をご報告しながら、今後の活動について広く皆様からのご意見をお聞きしたいと考えております。

    20120505chirasi.jpg

    ・ 開催期日:2012年5月5日(土・祝)
    ・ 開催時間:13:00〜16:30
            (受付12:30〜)
    ・ 開催場所:東北大学片平さくらホール
    ・ 参加費用:¥1,000-(資料代)
    ・ 申込定員:50名

    pdficon_large.gif「旧白洲次郎山荘と蔵王を語る」ミニフォーラム in 仙台



    【プログラム】
     13:00〜13:10  開会の挨拶 
     13:10〜13:20  NPO法人元気・まちネットの紹介
     13:20〜14:50  白洲次郎と蔵王の山荘について
      ―― 休憩10分 ――  
     15:00〜15:10  蔵王でのイベントの報告、募金パンフレットの紹介 
     15:10〜15:30  仙台の白洲次郎ファンのご紹介(次郎倶楽部/仙台、ほか) 
     15:30〜16:30  トークイベント in 仙台 
     17:30〜 懇親会(希望者のみ、オプション参加費:¥4,000-、和食処・杜都)
     

    •企画主催:旧白洲次郎山荘保存・活用の会NPO法人元気・まちネット/東京
    •企画協力:白洲次郎を語る福岡の会、蔵王上の台ロッジ
    •運営協力:白洲次郎倶楽部/仙台、和食処・杜都/仙台


    ★フォーラム終了後、参加された多くの皆様と会食・飲食しながらお話いたしたく、
    17:30より「和食処・杜都」に於いてささやかな懇親会をしたいと考えております。
    懇親会に参加希望の方はフォーラム参加と一緒にお申し込み下さい。
    費用は¥4,000-(飲み代含む)です。

    【申込方法】
    下記@~Fを明記のうえ、メール又はFAXでお申込み下さい。
    担当/矢口正武 (電話での受付は致しておりません。)
        @〒&住所 A氏名 B年齢 C性別 D電話番号 Eメールアドレス 
        F懇親会の参加・不参加
    Mail : yaguchi.m@so-kk.jp  
    Fax : 03-3829-4692
    申込締切:4月28日(土)

    2012年02月23日

    元気・まちネット自主公開講座/白洲次郎生誕110年記念イベント『旧白洲山荘(ヒュッテ・ヤレン)と蔵王を語る』

    ari_shuryou.gifヒュッテ・ヤレンは気になるけど、山形まで行くのはちょっと…というアナタ、お待たせいたしました。
    3/10(土)東京で自主公開講座を開催いたします。

    これまでの活動経緯と、建物の現状調査報告、当時を知る方々からの証言など、様々な内容をお伝えできると思います。
    席に限りがありますので、参加希望の方は早めにお申込みください。

    20111210jaren.jpg【講座概要】
    ・ 開催期日:2012年3月10日(土)
    ・ 開催場所:専修大学神田校舎(7号館771号室)
    ・ 開催時間:13:00〜16:00
    ・ 募集人員:30名
    ・ 参加費用:¥1,000-(資料代)
    ・ 申込期間:2月20日(月)〜3月6日(火)
        (但し定員になり次第締め切ります)
    ・ 申込方法:下記@~Eを明記のうえ、
        メール又はFAXでお申込み下さい。
        (電話での受付は致しておりません。)
        @〒&住所 A氏名 B年齢
        C性別 D電話番号 Eメールアドレス
    ・ Mail : yaguchi.m@so-kk.jp
    ・ Fax : 03-3829-4692  担当/矢口正武
     

    【スケジュール】
    ・ 13:00〜13:30:受付
    ・ 13:30〜14:30:蔵王に建てられた理由とその背景 (元気・まちネット/矢口正武)
    ・ 14:30〜16:00:トークイベント
    ・ 16:30〜19:00:懇親会 (希望者のみ)

    2012年01月06日

    白洲次郎生誕110年記念「樹氷・温泉・白洲次郎を熱く語る!!」トークイベント

    20120226chirasi.jpgari_shuryou.gif白洲次郎は1902年2月17日神戸に生を受け、奇しくも2012年2月は、記念すべき「生誕110年」にあたります。
    山荘の保存・活用に向けた「募金活動」を実施するにあたり、みんなで白洲次郎が愛した蔵王で樹氷を愛で、疲れた身体を蔵王温泉で癒し、白洲次郎を熱く語るトークイベントを開催します。
    ZAO PROJECT MJ第2弾!ご興味のある方は奮ってご参加下さい。

    pdficon_large.gif白洲次郎生誕110年記念
    樹氷・温泉・白洲次郎を熱く語る!!」トークイベント


    【開催要項】
    ・開催日:2012年2月26日(
    ・スケジュール:
       09:30〜11:30 樹氷見学ツアー(希望者のみ、ロープウェイ代は自己負担)
       12:30〜13:30 受付(場所:蔵王上の台ロッジ)
       (受付後)〜13:50 白洲山荘見学(山荘内をご覧になれます)
       14:00〜17:00 白洲次郎・蔵王を熱く語る/トークイベント、解散(17:00予定)
    ・開催場所:山形市蔵王体育館会議室(無料駐車場有り)
    ・参加費用:¥1,000−(資料代)
    ・募集人員:30名
    ・申込締切:2月10日(金)(但し、定員になり次第締め切ります)
    ・申込方法:@〒&住所、A氏名、B年齢、C性別、D電話番号、Eメールアドレスを明記の上、
    下記までお申込み下さい。

    ●メール:yaguchi.m@so-kk.jp  
    ●FAX:03−3829−4692
    ●担当:元気・まちネット 矢口正武 (携帯)090−5494−8699

    2011年11月08日

    12月10日(土)「旧白洲次郎山荘と蔵王を語るミニフォーラム」開催

    20111210chirasi.jpg1951年(昭和26年)に東北電力会長に就任した白洲次郎は、当時の県知事、山形市長に蔵王を「東洋のサンモリッツにしよう」と提案、助言を受け蔵王ロープウェイが建設されました。そして、自らも蔵王スキー場にスキーロッジ「ヒュッテ・ヤレン(現三宅山荘)」を建てましたが、木造二階建て約70uの山荘は築60年が過ぎ、老朽化が目立つようになりました。

    蔵王のみならず、山形市及び山形県の歴史・文化的財産として「ヒュッテ・ヤレン(現三宅山荘)」の保存・活用を目的とした募金活動を展開するにあたり、建築・造園の専門家を東京から招き建物内外について3度調査・診断しました。今回の「旧白洲次郎山荘と蔵王を語るミニフォーラム」では、これまでの経緯と現状をご説明して、今後の活動について広く皆様からのご意見をお聞きしたいと考えております。

    ari_shuryou.gif【旧白洲次郎山荘と蔵王を語るミニフォーラム概要】
    ・開催時期:2011年12月10日(土)
    ・受付時間:12:30〜13:20
    ・開催時間:13:30〜16:30
    ・開催場所:蔵王体育館会議室(70〜80名収容、無料駐車場有り)
    ・参加費用:蔵王住民の方は無料、一般:¥1,000−(資料代)
    ・募集人員:70〜80名
    ・申込締切:11月25日(金)(但し、定員になり次第締め切ります)
    ・申込方法:@〒&住所、A氏名、B年齢、C性別、電話番号を明記の上、
    Fax:03−3829−4692 または
    Mail:yaguchi.m@so-kk.jp にお申込み下さい。(担当:矢口)
    ※電話での受付はしておりません。

    山形新聞2011/11/06
    【PDF】白洲次郎の山荘復元へ 山形・蔵王温泉の「ヒュッテ・ヤレン」
    【WEB】 http://yamagata-np.jp/news/201111/06/kj_2011110600170.php

    読売新聞2011/11/08
    【PDF】白洲次郎別荘で街おこし…山形・蔵王
    【WEB】 http://www.yomiuri.co.jp/otona/news/20111108-OYT8T00399.htm

    河北新報2011/11/26
    【PDF】東京のNPO 白洲次郎の山荘を再整備 山形・蔵王温泉